日本一のっぽさん弁理士 ~ 知的財産で利益を生む方法を日々考える ~

【自称】業界No1背が高い弁理士経営者。他社取締役も務める。理念経営を学び実践し、安心、信頼されるサービス向上に日々研鑽。そしてコミベン(コミュニケーション力にコミットする弁理士、私が作った造語)。

スタートアップ企業こそネーミングが大切です

   

73838e389518985b6dd7c9386fef0483_s

スタートアップ企業のネーミングで大事なこと

この記事には、

campusなのかcollegeなのかという混乱も会社を良く知っているはずの人たちの間にまで広がった。「私と毎日連絡を取っている出資者たちでさえCollege Jobsと呼んだりするんです。いちいち正すのも面倒で」と
ヴェッセルは言う。

とあり、会社名が統一感を失ってしまっていること、

そして、

もっとひどかったのは、名前が事業の範囲を限定してしまったことだ。

とあり、会社名自体がもともと意味をもっているために、事業の範囲を限定してしまってこと、

が書かれている。

事業を開始する場合、まずビジョンを明確にし、そのビジョンに合致した会社名、商品・サービス名にしなければならないという事例です。

 - 商標, 商標ニュース・事例考察