日本一のっぽさん弁理士 ~ 知的財産で利益を生む方法を日々考える ~

【自称】業界No1背が高い弁理士経営者。他社取締役も務める。理念経営を学び実践し、安心、信頼されるサービス向上に日々研鑽。そしてコミベン(コミュニケーション力にコミットする弁理士、私が作った造語)。

戦略的な特許取得についてお話をする機会が増えてきました

      2016/06/03

8c1e56382f06ab270e91a025017bc260_s
戦略的な特許取得についてお話をする機会が増えてきました。

どのような内容かというと、

どのような内容で特許を取得したら良いか?
どのようなタイミングで特許を取得したら良いか?
中小企業が実践すべき特許の取得方法。
特許を取得しても意味がないもの。
以外な特許の使い方。

などなど。

特許相談時やクライアント様での研修などでお話しています。
初めてのお客様に戦略的な特許のお話をすると、
それがお客様の想像以上のやり方になることが多いため、
お客様が一旦、相談を持ち帰ることがそれなりにあります。
私、個人としては正直仕事にならないのは辛いですが、
最終目的は、お客様の成功と、お客様との良好な関係作り。

 - 特許で利益を生むには, 雑感