日本一のっぽさん弁理士 ~ 知的財産で利益を生む方法を日々考える ~

【自称】業界No1背が高い弁理士経営者。他社取締役も務める。理念経営を学び実践し、安心、信頼されるサービス向上に日々研鑽。そしてコミベン(コミュニケーション力にコミットする弁理士、私が作った造語)。

特許権、商標権で他人を排除することが必ず利益になるか?

   

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s

特許権、商標権でできること

特許権は、特許技術と同様な技術を他人が実施するのを防止できます。
また、商標権は、登録商標と同様な名称を他人が使うのを防止できます。
例えば、特許権、商標権を基に警告書に送り、他人にその行為を止めさせることができます。

特許権、商標権を取得した目的はそもそも何か?

しかし、特許権、商標権で他人を排除することが必ず利益になるか?
そもそも、特許権、商標権を取得する目的は何でしょうか?
他人を排除することだけ?
それ以上の目的として会社に利益をもたらすことが挙げられると思います。

例えば、大手企業が特許技術や登録商標をまねていたと仮定して考えてみる

例えば、大手企業が特許技術をまねて、又は登録商標をまねて、事業を行っている場合、
そこに、その技術、名称に集まる消費者が存在します。すなわち、マーケットが存在します。
大手企業の事業であれば、多額の宣伝広告費、大企業のネームバリューから、そのマーケットはかなり大きいと想像できます。
ここで、みなさんが、その特許技術や登録商標について特許権や商標権を持っているとして、
みなさんも、特許技術や登録商標を使って事業をしているとします。すなわち、マーケットの一部をシェアしている状態です。
そのような状況で、みなさんが持っている特許権や商標権を基に、大企業が特許技術や登録商標を使うのを止めさせてしまったらどうでしょう。
大企業のその事業はストップしてしまいます。すなわち、マーケットが縮小する可能性がでてきます。

そうなるとどうでしょうか?みなさんの事業にどのような影響が出るでしょうか?
マーケットが小さくなれば、みなさんの事業の売り上げにも影響します。

少なくとも排除するタイミングが大切

このように、特許権、商標権で他人を排除することが必ずしも利益になるわけではありません。
特許権、商標権で他人を排除する場合でも、少なくとも排除するタイミングは考えた方が良いです。

 - 商標で利益を生むには, 特許で利益を生むには