日本一のっぽさん弁理士 ~ 知的財産で利益を生む方法を日々考える ~

【自称】業界No1背が高い弁理士経営者。他社取締役も務める。理念経営を学び実践し、安心、信頼されるサービス向上に日々研鑽。そしてコミベン(コミュニケーション力にコミットする弁理士、私が作った造語)。

特許をもっていても意味はないです

   

6df9469465df0ce4267898f905351e8c_s
特許をもっていても意味はないです。
ビジネスを考えずに特許をとってしまっている場合。

アイデアを守るのは特許ですが、
そのアイデアとビジネスとは一致しません。
アイデアはビジネスの一部でしかないです。

ボールペン、例えばグリップ部分にアイデアがあるとすれば、
そのアイデアを特許してしまえば、
そのグリップ部分のアイデアがマネされるのは防止できます。

ここで問題になるのが、ビジネスという面です。
例えば、グリップ部分に価値を見出してくるお客様がどの程度いるか、等です。
いわゆる、マーケット、ターゲットの問題です。

グリップ部分に価値を感じてくれるお客様がそもそも少ないようでは、
グリップ部分に特徴があってもそのボールペンは売れません。
これは、特許をとったことが問題なのではなく、
その前のアイデアそのものの問題です。

特許をとる際にはビジネスの面から考える必要があります。
弊社は、その視点を忘れずに、
日々お客様にかかわっています。

 - 未分類